CASE STUDY15イマケンビル

昔ながらの町工場が多く残り、下町情緒あふれる墨田区千歳。
プロジェクトの始まりに、私達はこの町を歩き回り、分析した結果、グランドレベルのまちづくりの考え方に可能性を感じました。

このエリアの用途地域、世帯、不動産マーケットを調査し、全体収支を組み立てました。

初期計画段階では、建て替えるのか、古い建物の良さを残しつつリノベーションするか、また住宅にするのか店舗にするのか。様々な可能性を模索しながらプロジェクトを進めました。
新築かリノベーションかのクリティカルポイントは、建築・不動産・ファイナンスの交点にあります。

建築家の山崎裕史さんと私たちは 、耐震性能を向上させ、Is値(耐震指標)を現行の建築基準法と同等まで引き上げること、耐久性を評価することを前提としました。収支計画をはじめとする事業計画について金融機関との綿密な打合せを続けました。法定耐用年数と言われる指標を大きく超えていますが、建築の価値をファイナンスの視点からも刷新していきます。

今回、新しく導入したプロジェクトのフローは、事業検討から完成後の不動産管理までを、設計事務所と不動産会社が一緒に行うものです。

今、街にはこうした古い建物が増えています。専門家だけでなく、たくさんの人々の協力が街並みを変えていきます。

住所:東京都墨田区
床面積:350.62㎡
構造規模:鉄筋コンクリート造3階建て
設計・監理:ヤマサキアトリエ一級建築士事務所 山崎裕史
構造設計:大賀建築構造設計事務所 大賀成典
一階店舗コンサルティング:株式会社グランドレベル 田中元子+大西正紀
一階内装設計監理:ブルースタジオ石井大吾デザイン室一級建築士事務所 石井大吾
不動産コンサルティング: 創造系不動産 高橋寿太郎 野々垣賢人 関本麗子
施 工: 丸喜 株式会社 齋藤組ルーヴィス
写 真::山崎裕史 高橋寿太郎 野々垣賢人、本山哲也

CASE STUDY 16ひるのひかり|よるのあかり CASE STUDY 14オーレック長野

CASE STUDY