創造系不動産とは

創造系不動産の考え方

建築と不動産のあいだを追究します

建築と不動産のあいだには、やらなければならないことが多いと日々感じます。

不動産会社の私たちがこう言うのも変ですが、例えば首都圏のような地価が高いと言われているエリアであったとしても、不動産の価値は土地そのものではなく、生活を包む空間にあると考えています。逆に言うと土地の価値は、そこにどういう建築空間や生活を設計できるかどうかで決まります。ちょっとした便利さや幸せを、家族が長年住むその場所に作れるかどうか。それぞれの家族にとっての個別の価値なんです。

例えば住宅の設計に、もっと不動産や税制・キャッシュフローの考え方を組み入れれば、私たちはより良い暮らし、より良い人生をデザインしてもらうことができるはずです。家族の将来的な個性を、空間に表現できるはずです。また例えばマンションのリノベーションはもっと身近に、日常的になっていいと思います。

日本の建築と不動産はながい年月をかけて、それぞれが独自の発展を遂げました。共に世界に誇る技術や理論、システムを持っています。ただ一般のお客様の立場に立ってみると、それぞれの業界は少し距離を感じるようです。

私は建築と不動産の優れた部分をもっとつなげることで、不動産取引を次代型に変えて行きたいと考えています。いまお客様にとって建築技術と不動産取引の橋渡しが不可欠です。不動産取引や資産価値から見たデザイン。建築技術から見た不動産の現場。建築と不動産の色んな視点から、お客様のメリットを追究します。

クリエイターとコラボレーションする「ケーススタディ」

ケーススタディという言葉の意味は、「一般性のある理論やモデルを構築するために、具体的な問題設定を行い、解決していく取り組み」というような意味です。

私のお客様の不動産売買・活用の現場は、まさに個性的で具体的なケーススタディの山です。土地がある。建物を創る。家族がいる。まずは資金計画を立てる。でもそこに一般解はありません。10人居れば10人ばらばらのライフプランが、時間軸に展開されます。そこにどういう暮らしをデザインするか。

ここでは特に建築家やデザイナーとの協働による作業を紹介させて頂いています。彼らが登場するということは、クライアントであるお客様はクリエイティビティが高く、ユニークな熱意を持っています。建築家やデザイナーはそうしたニーズに真摯な発想で応えます。そのほとんどが予想を上回る勢いですから、私たちは負けじとフォローする、そんな楽しいやりとりです。

ここでの事例は、ほとんどが建築家・デザイナーやお客様自身の取り組みによるものであり、私たちはそれをご紹介しているに過ぎません。ここで皆が経験した「建築と不動産のあいだにある価値」は、別のプロジェクトでまた形を変え、応用され、少しでも多くの人々に共有されることを願っています。