CASE STUDYbk3建築学科のための不動産学基礎

創造系不動産のメンバーによる共著による、
建築やまちづくりを学ぶ学生のための、
初の本格的不動産学の教科書です。

建築学生が不動産を学ぶことで、社会課題と設計が結びつく。住宅・オフィス・商業
施設分析、不動産近現代史、マーケティング・ファイナンス・仲介業入門、更には
シェアリングエコノミー・保存と再生・地方の問題まで、不動産思考で捉え直すと、
建築と社会・経済の関係が見えてくる。将来の設計者に贈る、一生役立つ必携書。

Amazonはこちら

プロローグ なぜ建築系の学生が不動産を学ぶのか <高橋寿太郎>
1章 『建築系不動産概論』―建築学と不動産学のあいだの壁を超える <須永則明>
2章 『住宅定量分析概論』―日本の住宅市場のデータに触れる <廣瀬武士>
3章 『近現代不動産史概論』―不動産の歴史と所有権 <野々垣賢人>
4章 『不動産仲介論』―不動産仲介の仕事の全体像 <安藤美香>
5章 『不動産マーケティング概論』―不動産マーケティングという概念 <前田凌児>
6章 『不動産ファイナンス概論』―建築プロジェクトにおけるファイナンス <藤谷幹>
7章 『不動産シェアリング概論──働く場と暮らしの変化』 <佐竹雄太>
8章 『商業不動産概論―ショッピングセンターの過去・現在・未来』 <山岸亮太>
9章 『再生不動産概論―保存と継承とリノベーション』 <川原聡史>
10章 『地方不動産概論―ローカル不動産の可能性』 <高橋寿太郎>
11章 『補論1──デザインとお金の交差点にあるいくつかの知識』 <甲斐由紀>
12章 『補論2──経営思考を養ういくつかの視点』 <本山哲也>

  CASE STUDY 53品川の家

CASE STUDY