ノート

売買契約の重要事項説明について

お客様が不動産の契約をする前には、「重要事項説明」といって、その賃貸または売買の不動産取引に関係する権利やお金について、国家資格者である宅地建物取引主任者が詳しく説明することが義務付けられています(宅建業法)

建築業界から見るとこの制度はきっちりしており、一般消費者にとってはとても良いルールだと思います。不動産は、借りる場合も買う場合でも、実際に目で見える部分以外に、見ただけでは分からない部分(権利関係やお金や故障の具合など)が多いですから。

ほとんどの場合、不動産業の代表的な協会団体である「全宅連」「全日」「FRK」などの作成したフォーマットがありますので、それに即して主任者が説明していきます。

ただしこれらはあくまで宅建業法で定められている説明事項ですから、実際に購入されるお客様としては、それ以上の情報があった方が良いに違いありません。特に東日本大震災のような不幸な事件が2011年に起こりましたが、「地盤」や「液状化」などの情報は、重要事項説明の記載事項に定められていません(確たる情報として記載するのが難しいという問題もあると思います)ので、注意が必要です。

参考として、最近は以下のような情報がインターネットにより取得できます。私たちも、定められている以上の情報をお客様に提供できるように努めたいと思います。

内閣府防災情報のページ
市区町村別地盤解説
東京の液状化予測図
東京都建物倒壊危険度

PAGETOP