CASE STUDY26白日居

価値を捉えて伸ばす

デザイナー渡部紘史さんによる書家鈴木猛利さんのアトリエ兼書道教室の設計です。場所は神楽坂のテナントビルのワンフロア。
このケースのような賃貸のテナント物件探しは、住宅などのそれとは異なり、面積や賃料など以外に街の雰囲気がイメージやブランドに合っているか、対象とするお客さんの層が来やすい立地になっているか、空間はその用途として生かせそうな間取りになっているか、どこまで改装が可能で退出時どこまで回復するか、設備はそのまま使用可能か、収益は回るのかなど多くの要素をよりシビアに検討していく事が求められます。
物件探しからデザイナーと不動産屋がタッグを組みサポートしていく事で、オーナーの負担を少しでも減らし物件探しをスムーズに進める事が出来ます。

今回は特にご要望が作品を制作するアトリエと書道教室、時にはギャラリーにもなる複合的な目的のある空間のため、どのようにそれらを共存させるかが物件探しにおいても大きなテーマになり、物件探しから完成のイメージを持っていることが求められました。
デザイナーと物件を複数回っていく中で様々な案を検討し、最終的には入口を中央に持ち、両脇に広がりのある空間を持つ特殊な形状の物件に決まり、入口のある中央の長細い空間を活かすデザインでその物件の価値を捉えた空間が完成しました。

エントランスの小上がり。自然と靴を脱ぐことをアフォードされます。

アトリエ&添削・打ち合わせスペース。柔らかい光が通りから入ってきます。

教室スペース。集中できるよう照明計画がデザインされています。

アトリエと教室に挟まれた長細いスペースには異なる軸線を持つ壁を挿入する事で、視線を適度に分節しながら空間内の動きのなかでシーケンシャルな濃淡を感じる事が出来ます。

住所:東京都新宿区矢来町
規模:約90㎡
設計・施工:渡部紘史
写真:新井晃平
不動産コンサルタント:創造系不動産 佐竹雄太
白日居HP:http://www.mohri-s.com/

CASE STUDY bk建築と不動産のあいだ CASE STUDY 25西八王子の家

CASE STUDY