ケーススタディ

CASE STUDY 21田端のシェアハウス

若手建築家、勝亦丸山建築計画が企画・設計・運営を手掛ける小規模のシェアハウスの計画。場所は田端駅・千駄木駅・西日暮里駅の3駅の中間に位置した住宅地の一画。そこに建っている築40年の木造2階建ての住宅を賃借し、リノベーションを加え新たな価値を創造していく。創造系不動産は物件探しから契約、賃貸システムの構築補助、管理までを建築家と二人三脚で同プロジェクトに関わっている。

賃借か、購入か。

当初建築家から依頼を受けた際、このプロジェクトは「購入」を前提として物件探し行っていた。その理由としては明確で、建物を「自由」にリノベーションするためである。ただ事業としてはそこに収益性が付いて回る。イニシャルコストを考えれば、賃借と購入の差は歴然であり、その差は事業の形自体の変更を必要とする事にもなるだろう。収益性からくる都市型の詰込み型シェアハウスではなく、その町の一軒家に知り合いと住みついたような関係性のシェアハウスを想定する際に徐々にその方向性は「購入」から「賃借」へと移行していった。また賃借の場合、まず前提に賃貸人(オーナー)と賃借人(ユーザー)という関係があり、そこに契約関係が存在している。その中では両者のなかで取り決めたルールの元、そこに則り事業を運営していく必要がある。つまりは、両者の考え方が一致することが出来れば賃貸であっても「自由」にリノベーションをすることが出来る可能性がある。それは物件との出会いであると同時にオーナーとの出会いと言えるだろう。このプロジェクトはそういった単なる物を越え、関係性を見据えた物件探しが求められた。

「世話焼き」と「コンサル」の間

賃貸、かつ築古の木造、そしてリノベーション、そこに若手建築家の不動産賃貸業という要素が加わり、まずこの事業計画、そして賃貸借契約から工事へと進む中で幾つもの乗り越えるべきハードルが存在していた。資金調達・設定する賃料・物件の状態・耐震性能・それぞれの責任範囲・契約期間・退去後の事、オーナーとの信頼関係の構築etc... それらを契約書という書面だけで全て文字に起こしコンサルタントとしてマネジメントしていく事は不確定要素を多分に含む関係上難しい。それはこれから先のオーナーとのユーザーのコミュニケーションの全てを想定し可視化する事と同義に思えるからである。 つまりは一般的な賃貸借契約を越えた柔軟な解釈を持つ必要性があり、時には「契約書」を「約束事」と、「コンサルタント」をご近所の「世話焼き」のように捉えなおして、より親密にマネジメントする事が大切になるだろう。そしてそれが上手く行くとき、そこには書面上に出てはこない気遣いや思いやりが重要な役割を成している。産業や政策と言った画一的な政策で生み出された大量な木造住宅ストックを生まれ変わらせるためには、画一性を排した個々人の丁寧な関係性の構築が必要不可欠なのである。専門性と親密さを併せ持った「世話焼き」と「コンサル」の間の立場が、このようなプロジェクトを広めていく 時に求められている。

プロジェクト進行中

住所:東京都北区田端
構造規模:木造在来工法2階建て
設計:勝亦丸山建築計画
企画・運営:勝亦丸山建築計画
施工:株式会社リアルサポート(一部:勝亦丸山建築計画自主施工)
不動産コンサルタント:創造系不動産 佐竹雄太

PAGETOP